最初にインフレーターマットを買った理由

はじめてのファミリーキャンプ用品に5cm厚のインフレーターマットと枕を買いました。

ファミリーキャンプの必需品

キャンプ用マット

シュラフだけだと、掛け布団に包まって床に寝ているようなもので、寝心地が悪いです。芝生であればまだマシですが、ウッドデッキやバンガローだと体が痛くて眠れません。

なので、ファミリーキャンプの場合、荷物が極限まで制限される山岳キャンプなどと違って、マットは必需品といってもいいでしょう

一口にマットといってもいろいろあります。

レジャーマット

発泡プラスチックで出来た、ただのマットのことをこう呼ぶことが多いです。ロールタイプとフォールディング(折り畳み)タイプがあり、アルミを蒸着したものは銀マットと呼ばれます。薄いものだと1000円しませんが、マットというよりシートに近いです。

銀マットだと、銀色の面(アルミ蒸着フィルム)が底冷えを遮断してくれるそうなんですが、0℃のソロキャンプで使用したときは焼け石に水でした。

フォールディングタイプには比較的厚めのものが多いですが、風呂の洗い場に敷くマットを折り畳めるようにしたようなもので、寝心地は普段使っている敷布団には程遠いです。

エアマット

テレビショッピングなどで見かけるエアベッドと同じです。空気を入れて膨らませます。値段は意外に安く、コールマンのダブルサイズでも4千円弱で買えてしまいます。

トランポリンみたいで、子供は喜ぶでしょうが、手動ポンプだと空気を入れるのが手間だし、電動ポンプだと使える場所が制限されます。寝心地はかなり柔らかいので、腰痛持ちの人は止めておいたほうがいいでしょう

インフレーターマット

バルブを開けると自動で膨らむマットです。インフレータブルマットとも言います。

わかりやすく言うと、ウレタンマットを布団圧縮袋に入れてぐるぐる巻いたようなものです。収納するときは、バルブから空気を追い出し圧縮することで、ある程度コンパクトになります。

ユーザーのマルチエアマットとピロー

値段は上の2つ(レジャーマットとエアマット)に比べると高めですが、我が家では寝心地を優先し、このインフレーターマットを買うことにしました。

商品名、値段、使い心地は次ページで。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました