フライタイイング

フライタイイング

JINSの近々レンズでタイイング用眼鏡を作る

コスパがよいJINSの累進(近々)レンズで、フライタイイング用の眼鏡を作ってみました。
フライタイイング

基本のフライタイイング(その4)フェザントテール・ニンフ

フェザントテール・ニンフを、フランク・ソーヤー著の『NYMPHS AND THE TROUT』に載っている手順に従って巻いてみました。
フライタイイング

ダーニング糸で巻いたキラーバグとその可能性

オリジナルのChadwick 477は、ウール85%、ナイロン15% ですけど、どちらも細い補修用ヤーンだし、いい線いっていると思います。
フライタイイング

白いヘンネックをローパスバチックで染める

ナチュラルっぽい色が理想なんですが、やっぱりというか、当然というか、試行錯誤が必要なようです。
フライタイイング

タイイングに便利なセリアのハケ

最近、フライタイイングで瞬間接着剤を使うときに、ニードルや爪楊枝ではなくて、これを使っています。
フライタイイング

お尻をゆらゆらさせて魚を誘うフライを巻く

特徴はシャンクに取り付けたPEラインにフックを通すことと、そこに、ゾンカー(ラビットストリップ)を括り付けることです。
フライタイイング

がまかつのバーブレスミッジフック C12-BM Large Eye

C12を冠するだけあって、異様に目立つアイ以外は、カーブドシャンクのフライフックで触れたC12-Bと同じデザインのようです。
フライタイイング

CDCをビゲンで染める

メンズビゲンのグレーヘア。薄めのナチュラルグレーと濃いめのダークグレーの2種類あるんですが、今回はダークグレーをチョイス。
フライタイイング

基本のフライタイイング(その3)ゴールドリブドヘアーズイヤー

ニンフパターン108(増沢信二+渡辺隆)によると、ゴールドリブドヘアーズイヤーは元々、19世紀のイギリスで生まれたドライフライだったんだそうです。
フライタイイング

カーブドシャンクのフライフック

私の場合、コスパがいいVARIVASのフックを使うことが多いんですが、TMC212Y指定のフライでもVARIVASでなんとかなりそうです。サイズが豊富だし、2210だと#30まであるっていうのがすごい。
フライタイイング

基本のフライタイイング(その2)アントパラシュート

夏の定番、アントパラシュート。ハードシェルなので丈夫です。UVレジンだと硬化があっという間なので、一気に巻けるのがメリット。
フライタイイング

ヘアーズマスクでMSCを巻く

先日、ビゲンで染めたヘアーズマスク。今日はこれを使って渓流で使うビーズヘッドMSCを巻いてみます。
フライタイイング

ウサギの顔をビゲンで染める

ご覧のとおり、ウサギの顔です。毛を切り刻んでニンフのダビング材として使います。動物愛護団体が見たら、大騒ぎしそうなマテリアルですね。
フライタイイング

さらばバーニッシュ!UVレジンでタイイング

フライ用のUVレジンは高いので、こんなものを買ってみました。パジコの太陽の雫(ハードタイプ・25g)。アクセサリ用のUVレジンです。初回限定価格で790円でした。パジコの他には清原の評判がいいようで、人気を二分しています。
フライタイイング

サケ釣り用の赤いフライをタイイング

鮭用のフライというとサーモンフックに色とりどりのマテリアルを巻いた伝統的なウェットフライというイメージが強いんですが、実際にはもっとシンプルで実用的なものがほとんどです。
タイトルとURLをコピーしました