釣行記2017

釣行記2017

鮭のはずが、今度はなめこ

受付は向居橋の下。受付開始は7時からなんですが、寒河江川みたいなことがあったら困るので6時過ぎくらいには到着。でも何か変。車は結構停まっているんですが、受付に並んでいる人がいないんです。これはラッキー? と思ったら。
釣行記2017

鮭が1個1,500円のラ・フランスに化ける

先週、下見に訪れた寒河江川の鮭有効利用調査。今日がいよいよ本番です。受付開始が5時45分からということなので、その30分くらい前に現場入りしたんですが。本部前の人気ポイントにはかなりの人が入っています。まだ受付開始前のはずなのに何故?
釣行記2017

寒河江川C&Rでドライとウエットを満喫

9月で山形の渓流シーズンも終わり。今年も寒河江川の大井沢C&Rに来てみました。レギュラーシーズン(4~9月)には1回も来なかったので1年ぶりです。天気は晴天。昨年と違って、結構人が入っています。
釣行記2017

最後の渓流へ

渓流卒業。じゃなくて、今シーズンのラスト釣行です。山形の渓流釣り期間は9月末まで。禁漁までまだ1週間ありますが、今日で最後にするつもりです。10月以降もニジマスのC&Rと先日申し込んだ鮭の調査釣りは行きますけどね。
釣行記2017

秋ヤマメに逢いたい

今シーズンもいよいよ終盤戦です。山形の渓流シーズンも残すところ2週間あまり。県南方面にプチ遠征しようかとも思ったんですが、今シーズンはあまり芳しくないらしいのでパス。北へと車を走らせます。
釣行記2017

初秋の尺イワナ

今シーズンはサクラマスとヤマメを中心に狙っていたため、あまりイワナを釣っていません。このままシーズンを終えるのも寂しいので、今日は尺イワナ狙いで山岳渓流に来てみました。
釣行記2017

荒雄川C&RのB区間でヤマメを釣る

ニジマスで有名な荒雄川C&R。A区間には何度も入ったことがあるんですが、B区間に入るのは初めてです。だだっ広いフィールドに入っているのは私だけ。時折降る雨で増水気味だし、今日はあんまり無理はできないなぁ。
釣行記2017

タキタロウ館でニジマスを釣って食べる

前から気になっていたタキタロウ館。家族サービスのついでに訪れてみました。釣った魚は食堂の炉端で焼いてもらえます。料金は1匹150円。ちょっと小さいけど美味かったです。娘もはじめて釣った魚を食べれて大満足のようでした。
釣行記2017

山のイワナに癒やされる

なかなか釣れないサクラマス。気晴らしに山岳渓流のイワナに逢いにいってみました。久しぶりの山岳渓流。あまり天気はよくありませんが、ここに来ると気持ちが晴れます。
釣行記2017

ウエットで狙え

山形のサクラマスシーズンも最盛期を過ぎ終盤に差し掛かりました。春に最上川から遡ってきたサクラマスも、この時期になると生まれ故郷の支流に入り込んでいます。
釣行記2017

山間の遅い春

4月22日、土曜日。解禁日のエサ釣りでイワナの顔が見れなかったので、某川の上流部に来てみました。先週、先々週と雪代がひどくて、川に入れなかったため、今日がフライでの今シーズン渓流初釣行になります。
釣行記2017

桜は満開なんだけど

せっかく平日に休みを取ったものの、山形県内の本流は軒並み増水していて釣りになりません。渓流にしようかとも思ったんですが、サクラマスを求め太平洋側の川に行ってみることにしました。午前中に野暮用を済ませ、向かったのはお隣、宮城県。
釣行記2017

残雪に渓流師の足跡を見る

解禁日に釣りに行けるなんて滅多にないので、気合を入れて朝駆けしてみます。早朝、某川に到着すると、すでに2台も車が。車中泊をしながら夜明けを待っていたみたいです。うーん。今日はあまり釣果は期待できないなぁ。とりあえず、川虫捕りでもするか。
釣行記2017

雪中釣行

雪の中での釣りとなりました。寒いです。午前6時頃に到着し車で準備をしていると、2人組の若いルアーマンが何かを大事そうに抱えて走ってきました。そう、サクラマスです。初めて目にする生の魚体を前に思わず息を呑みます。
釣行記2017

サクラマス初釣行

山形県のサクラマス解禁から5日目となる今日。やっと念願の本流に立つことができました。場所は最上川下流の某ポイント。河口から15km以上はあるんですが、川幅はかなり広いです。私がこれまで行った山形の渓流のほとんどはこの川へと流れ込んでいます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました