ついにフライでサクラマスを釣る!

サクラマスへの道(第17回)。その瞬間は突然やってきました。

足掛け3年

高を括る

最上川水系の中流域。岸際をそっと上流へ回り込み、深瀬の底石の間にイントルーダーを流し込むと。

底石のある深瀬

何かが引っかかりました。念のため竿を立てて踏ん張ると、1mくらいの間を左右にゆっくり動きます。

『木の枝にでも引っかかって流れに煽られているんだろうか?』

足掛け3年、釣れないのが当たり前になっていたせいで、素直になれないんです。

これが、とりあえず魚に違いないとの確信に変わったのは、引っかかりが底石の間からヌーっと上流に移動したときです。でも、先週のニゴイのこともあって、まだサクラマスだとは信じられません。

ついにその時が

13フィート6インチのツーハンドが思いっきりしなります。ニゴイにしては引きが強すぎるし、これはやはりサクラマス!?

慎重に間合いを詰め、岸際に寄せていくと、シューティングヘッドのつなぎ目がガイドに引っかかって、テンションが緩んでしまいました。何をやってるんだぁー。

後ろに下がってテンションをかけ直し、小さいネットでなんとか取り込むと。

とうとう釣れたサクラマス
とうとうやりました。間違いありません。サクラマスです。

61cmのサクラマス
サイズは61cm。河口から50km以上も離れているのに、コンディションも良好。言うことありません。

2017年の初釣行から3年目。釣行回数でいうと25回目くらいかな。ようやく念願のサクラマスを手にすることができました。水の綺麗な中流域で、狙って喰わせて釣れたというのが嬉しいです。

フライでサクラマスを釣るということ

もっぱら渓流を釣り歩いてきた私にとっても、フライでサクラマスを釣るということには登竜門的なイメージがあって、漠然と憧れてはいたんです

90年代の初め頃にあった2尺ヤマメブームの影響かと思うんですが、私がフライをやり初めたのは2005年ですので、後にどこかで見聞きしたことがインプットされていたんでしょう。中古のフライ雑誌を買い込んでは読み耽っていましたんで。

同じフライフィッシングとはいえ、渓流のそれとはタックルも釣り方も全然違いますし、我ながらよくやったと思います。

かなりチャレンジングなターゲットでしたが、ほんとに釣れて良かったです。

記念のフライ
フライは記念にとっておきます。

次は70cmオーバーでも目標にしようかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました