テントが無くてもファミリーキャンプ

炊事

南蔵王野営場の炊事場
かなり広い炊事場。中にはコンロ(10台以上)と大きな流しが2列、まわりにはテーブルとベンチが数セットあります。このような設備が全部で7箇所もあるようです。

炊事場のコンロ
コンロでカレーを煮ているところ。鍋はレンタル品です。薪は1束470円(税別)で買えます(未使用の束は返品可)。

オートキャンプ場だと、自前のコンロで調理する人が多く、炊事場のコンロは空いていることが多いようなんですが、ここでは炊事場と営火場以外での火気使用は厳禁なので、結構混雑していました。

コンロ炊事場の薪コンロ無料
トング炊事場の備品無料
キャンプ場で購入2束×470円=940円(税別)
チャッカマン持参家にあったもの
軍手持参厚手の滑り止め無し(2組)をコメリで事前に購入
レンタル炊飯セット(4~6人用)
お玉レンタル炊飯セット(4~6人用)
フライパンレンタル炊飯セット(4~6人用)
フライ返しレンタル炊飯セット(4~6人用)
飯盒レンタル炊飯セット(4~6人用)
しゃもじレンタル炊飯セット(4~6人用)
包丁レンタル炊飯セット(4~6人用)
まな板レンタル炊飯セット(4~6人用)
クーラーボックス持参貰ってきた発泡スチロールに冷凍ペットボトル
食材持参油、塩、米、パスタ、缶詰、野菜、肉、カレールー等
食器用洗剤持参事前に購入したセリアの小分け容器に普段使っているものを入れた
金たわし持参セリアで事前に購入
スポンジ持参普段使っているもの

この他にコーヒー用のバーナー、コッヘル、ドリッパー(セリアのバネットもどき)などは持参しました。

食事

雨のため、炊事場の中で食べました。

キャンプの夕食
夕食の様子。定番のカレー(バーモンドの甘口)です。

キャンプの朝食
朝食の様子。パスタは茹でて、缶詰のあさりソースに絡めただけです。スープはレトルト。

食器持参セリアのステンレス食器を事前に購入
カトラリー持参普段使用しているもの
マグカップ持参普段使用しているもの
テーブル雨のため、炊事場内にあったベンチを流用無料
椅子雨のため、炊事場内にあったベンチを利用無料

サニタリー

トイレはもちろん、無料のシャワー棟があります。近くには有名な遠刈田温泉や不忘の湯(穴場?)があり、開門時間内(6~22時まで)に戻るのであれば、自由に行くことができます。

遠刈田温泉|神の湯・壽の湯
蔵王遠刈田温泉(宮城)、日帰り温泉なら共同浴場「神の湯・壽の湯」へ。気軽に温泉を楽しめる2つの共同浴場で遠刈田の名湯を。無料駐車場あり。

雨に降られたけど

雨に降られたせいで、予定していた星の観察や花火(手持ちのみOK)ができなかったのが残念でしたが、せせらぎコースの散策(トレッキング)は問題なくできましたし、なにより、野外調理やテント泊が子供にとっていい経験になったと思います。

猛暑にも関わらず、かなり涼しく快適な時間を過ごせましたし。

南蔵王野営場の小道

今回、キャンプ場に支払った料金は次の通り。

常設テント レンタル1500円
シュラフ(3袋) レンタル900円
4~6人炊飯セット レンタル1000円
薪(2束) 購入940円
小計4340円
消費税347円
合計4687円

これに食材費を入れると6000円くらいかな

今回、新たに購入したキャンプ用品は次の通り。

インフレーターマット・枕(3セット)15777円
セリアのステンレス皿(9点)972円
ダイソーの多目的収納ネット(皿入れ)108円
セリアのコーヒーバネット108円
セリアの小分け容器(油と洗剤用に2点)216円
厚手の軍手(2組)176円
合計17249円

子供が中学生になるとキャンプに行くこともあまりなくだろうから、仮に年に5回、10年間使用するとすると、合計50回使うことになるので、1回あたりの費用は347円になります。さすがに軍手はそこまで持たないでしょうけど。

インフレーターマットと枕は少し高い買い物になってしまいましたが、寝心地が悪いとよく眠れないし、マットをレンタルしているところが少ないので、思い切って購入しました。

最初にインフレーターマットを買った理由
寝心地は普段使っている敷布団に近く、安価なレジャーマットやエアマットとは全くの別物と言っていいでしょう。表地がスウェード(ポリエステル?)なので、肌触りもいいです。

以上を合わせると今回かかった費用は6500円弱くらいでしょうか(交通費は除く)。
[ad]

コメント

タイトルとURLをコピーしました